読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎教信者の独り言

つけて頂いたコメントには3日以内に必ず返信します!返信もぜひご覧ください!

iMac 5K Late2015の「1,867MHz」メモリはウソ!?

こんにちは。

今回は、iMac 5K Late2015モデルのメモリについての考察記事です。

iMacのメモリが見つからない!
1,867MHzのメモリがない!
メモリ規格変わった!

って方向けの記事です!


1,867MHzのメモリ?

Appleの商品ページによれば…

f:id:french_toast_myID:20151027064331j:image
1,867MHz DDR3 メモリ
メモリの種類はDDR3、1,867MHzの規格のようです。

しかし、インターネットを探しても探してもこのようなメモリは見つかりません。
近くの大型電気店に寄ってみたのですが、1,867MHzのメモリは置いていないとのこと。

そしてAppleオンラインストアでは…

Apple Online Store

1,867MHzのメモリが8GBx2で48,000円という破格()で販売されてます。

世の中に出回ってないからって調子こくなァァァ!!!!


実は1,866MHz

そうなんです。よくよく調べると、iMacのメモリ1,866MHz説が浮上してきました。

iMacなどのApple製品系部品を扱うサイト「秋葉館」では…
Appleでは1866MHzメモリを1867MHzと表記しています。

f:id:french_toast_myID:20151027065324p:image

ご丁寧に赤文字で、しっかりと書かれています。しかも4GBで6,000強ですから、8GB合わせても13,000円近くで購入できます。
わお、Appleより35,000円お得。

とにかく、Appleのメモリは1,867MHzではなく1,866MHzだと言えます。
Appleに騙されないでくださいよ!みなさん!


しかし、もし本当にメモリは1,867MHzだった場合、1,866MHzのメモリをさしたらどうなるんでしょう。
結論から言うと、しっかり動作します。
他の周波数のメモリが混在していた場合、コンピュータは自動的に低い方の周波数に合わせます。つまり、2100MHzと1600MHzのメモリが同時につけられたらコンピュータは1600MHzのメモリに合わせます。その分2100MHzの一部は無駄になりますが、なんとか動かすことは可能というわけです。

ですから、Macには1,866MHzのメモリで大丈夫です。


結論

iMac 5K Late 2015かiMac 4K Late 2015モデルには、1,866MHzのメモリで大丈夫。