林檎教信者の独り言

つけて頂いたコメントには3日以内に必ず返信します!返信もぜひご覧ください!

「女性専用車両」について真剣に考えてみる

女性専用車両…それは、痴漢防止のために鉄道各社が設けた車両のこと。

まず女性専用車両について知る

---以下、Wikipediaの引用を含む---

女性専用車両は、男性が乗車しても法的に罰することはできず、男性の協力により成り立っているとのこと。

女性専用車両の歴史は古く、1912年には「婦人専用車両」として存在していました。
2000年代に入り、痴漢は徐々に大きな社会問題へと発展していきました。2000年の12月、京王線が初めて「女性専用車両」との名前で試験的に運行。その結果肯定意見が多く、翌年に正式に取り入れられることとなりました。

それから関東や関西を中心に導入が進み、現在ではほとんどの鉄道会社で導入されています。それで今日に至るというわけです。

法的に見た女性専用車両

鉄道営業法第34条には、「女性のために設けられた待合室及び車両に立ち入る時」に科料の罰則を課すとされています。
しかし、文部科学省は「女性専用車両鉄道営業法第34条は適用せず、あくまで男性の協力により成り立っているサービス」との見解を示しており、「強制的に乗車を禁ずる法的根拠もなく、男性を排除するためのものではない」としています。

つまり、法的には罰則のない、善意のサービスということになっています。

女性専用車両のメリットとデメリット

女性専用車両はいくつかのメリットとデメリットがあります。

メリット中でもよく挙げられるのは「痴漢の防止」。痴漢は犯罪であり、根絶されるべきものです。女性を痴漢犯罪から保護する、これが女性専用車両の大きな役割です。

しかし、女性専用車両には大きな問題があります。

それは、「女性の乗車が任意」である点です。女性は普通車両と専用車両を選択する自由があるため、一部の女性は普通車両に乗車します。その時に痴漢と痴漢冤罪と呼ばれる事件が発生するのです。

痴漢冤罪は、痴漢をしていないにも関わらず、警察に逮捕•拘留されることです。この場合ほとんどは悪意を持った女性による故意的な冤罪であり、無罪の男性が捕われることもしばしばあります。
また、痴漢と誤解された事例もあります。女性に悪意はなく、同じく男性にも悪意がない場合です。女性にカバンや物が当たり、痴漢に間違われた事例です。

このような冤罪が起きるのは、女性の証言採用率がほぼ100%であるからです。



つまり、女性専用車両のメリットとしての「痴漢防止」は、男性にとっての「痴漢冤罪防止」にも繋がります。
また、女性専用車両の導入は、女性にとっても非常に嬉しいサービスです。

女性専用車両導入による効果

女性専用車両を導入したことによる効果は、会社や地域によってまちまちです。
御堂筋線京王線では痴漢犯罪が減少し、中央線快速や京王線では痴漢犯罪が増加しました。


私の主張

本当に男女差別をなくし、平等な社会を実現するのなら、「女性専用車両」を増やし「男性専用車両」を新たに運行すること、一般車両を廃止することが最善策だと私は考えます。
男性専用車両については、先ほど述べた「痴漢冤罪の防止」、一般車両の廃止については「痴漢そのものの防止」が目的です。
男性専用車両は、女性専用車両の数以上が望ましいです。利用者数で言えば圧倒的に男性が多いので、これは当たり前と言えるでしょう。

また、性別によって乗車できる車両を明確に区別し、任意制を廃止すべきだとも考えます。痴漢そのものがなくなりますし、その他の揉め事も解消されます。


しかし、この策に対して「性別による差別だ」と訴える方がいらっしゃいます。確かにその考えも合っているのですが、区別しなければいけない理由の方が大きいはずです。性別により区別したところで、損をするのは痴漢の実行犯くらいでしょうから。