読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎教信者の独り言

つけて頂いたコメントには3日以内に必ず返信します!返信もぜひご覧ください!

iPhone6の容量は何GBモデルが発売されるのか考察

iPhone、大容量化。

iPad AiriPad mini Ratinaディスプレイモデルなどでは、容量のバリエーションが16GB/32GB/64GB/128GBとなっています。実は、iPhone6もそのようなバリエーションになると噂されているのです。


海外からリークされた情報

海外のリーク情報では、入手した設計図から現在16GB、64GB、128GBに関する記述が見つかっており、32GBと思われる記述が見つかっていないようです。

ただこの情報は不正確な部分を含んでおり、本当に32GBモデルが廃止されるのかは不明です。私は、32GBモデルは存在すると考えています。冒頭にも書いた通り、iPadのシリーズは四モデル展開がされています。iPhone6も大容量化に伴い、128GBが追加された四モデル展開になるか、16GBの廃止された三モデル展開になると思います。


なぜ容量が追加されるのか

おそらく、iPhone6の新機能などが影響するのでしょう。

これもあくまで予測ですが、iPhone6にはSONY製の4Kカメラが搭載されるとされており、必然として写真一枚あたりの容量が増加します。そのため、現行モデルの容量では足りなくなると考えられます。

さらに、次期iOSとされるiOS8では、マルチタスク機能の強化、対応デバイスにiPhone6の画面サイズが追加されるなど、iOS自体の容量がかなり増加すると考えられます。そのためシステムに費やされる容量が大きくなり、ユーザーの利用できる容量が小さくなってしまいます。現行モデルでは、16GBモデルが2GB、32GBモデルが4GB、64GBモデルが6GBをシステムに割かれています。そのため実際に使える容量は、16GBモデルが14GB、32GBモデルが28GB、64GBモデルが58GBです。このまま考えると、128GBではシステムに12GB割かれ、利用できるのは116GB程度と考えられます。

また、今までの情報から、確実にiPhoneの動作で必要とされる容量は大きくなり、16GBモデルではほとんど使い物にならない可能性があります。

このことから、私は16GBが廃止されるのではと睨んでいます。

気になる価格帯は


今までの情報では、32GBモデルが現行モデルの16GBと同じ価格になると伝えられています。となると、現行モデルの容量がそのままワンランク上がっただけということになりますね。
さらに、16GBモデルは安くなる廃止になるでしょう。




まあ、実際の容量は発表されないとわかりませんね。現地時間9/9、日本時間9/10を待つとしましょう。



他のiPhone6系記事

iPhone6予想デザインが美しい - 林檎教信者の独り言

Appleが発表イベント公式サイトを開設 - 林檎教信者の独り言