読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎教信者の独り言

つけて頂いたコメントには3日以内に必ず返信します!返信もぜひご覧ください!

iMac 5K Late2015の「1,867MHz」メモリはウソ!?

こんにちは。

今回は、iMac 5K Late2015モデルのメモリについての考察記事です。

iMacのメモリが見つからない!
1,867MHzのメモリがない!
メモリ規格変わった!

って方向けの記事です!


1,867MHzのメモリ?

Appleの商品ページによれば…

f:id:french_toast_myID:20151027064331j:image
1,867MHz DDR3 メモリ
メモリの種類はDDR3、1,867MHzの規格のようです。

しかし、インターネットを探しても探してもこのようなメモリは見つかりません。
近くの大型電気店に寄ってみたのですが、1,867MHzのメモリは置いていないとのこと。

そしてAppleオンラインストアでは…

Apple Online Store

1,867MHzのメモリが8GBx2で48,000円という破格()で販売されてます。

世の中に出回ってないからって調子こくなァァァ!!!!


実は1,866MHz

そうなんです。よくよく調べると、iMacのメモリ1,866MHz説が浮上してきました。

iMacなどのApple製品系部品を扱うサイト「秋葉館」では…
Appleでは1866MHzメモリを1867MHzと表記しています。

f:id:french_toast_myID:20151027065324p:image

ご丁寧に赤文字で、しっかりと書かれています。しかも4GBで6,000強ですから、8GB合わせても13,000円近くで購入できます。
わお、Appleより35,000円お得。

とにかく、Appleのメモリは1,867MHzではなく1,866MHzだと言えます。
Appleに騙されないでくださいよ!みなさん!


しかし、もし本当にメモリは1,867MHzだった場合、1,866MHzのメモリをさしたらどうなるんでしょう。
結論から言うと、しっかり動作します。
他の周波数のメモリが混在していた場合、コンピュータは自動的に低い方の周波数に合わせます。つまり、2100MHzと1600MHzのメモリが同時につけられたらコンピュータは1600MHzのメモリに合わせます。その分2100MHzの一部は無駄になりますが、なんとか動かすことは可能というわけです。

ですから、Macには1,866MHzのメモリで大丈夫です。


結論

iMac 5K Late 2015かiMac 4K Late 2015モデルには、1,866MHzのメモリで大丈夫。

Apple製品によくある「Early」「Mid」「Late」とは??

こんにちは。
みなさんは、Apple製品、とりわけMacについている「Early」「Mid」「Late」の文字を見たことがありますか?

基本的に、iMac 5K (Late 2015)やMac mini (Mid 2013)といった使い方をします。

基本表記は 製品名 + (Early/Mid/Late + 年号) です。

しかし、()を外して表記しているサイトも見受けられます。どちらも間違いではありません。

このEarly Mid Lateなどの文字列。これは、製品の発表/発売された次期を表しています。

Earlyは1~5月、Midは5~8月、Lateは8月から12月の製品であることを示し、英単語のEarly(早め)やMid(中盤)、Late(遅め)がそのままの意味を持っています。

以上、短い豆知識記事でした。

iPhoneのあの機能についての素朴な疑問

みなさんiPhone使ってますか?

iPhoneには、セキュリティに関する技術がいくつも搭載されています。iPhoneなどの情報端末は個人情報の塊ですから、当然といえば当然です。


その中でも、10回パスワードを間違えるとデータが削除される機能は有名です。パスコードロックに10回間違える人、いませんからね。

でも、ある日気になって「iPhone パスワード 10回間違える」で検索してみると、こんな動画が。



これ、よく見るとほんとに工場出荷時の状態に戻っているんです。
これは「セキュリティ万全!」と思われるかもしれませんが…

よくよく考えると、買った時の状態に戻るので犯罪者が端末代を浮かせることができるような気がしてなりません…

そこらへん、Appleは何かしてるんでしょうかね?
気になります!